2022年の元旦はおめでたい「初日の出」で1年間のご利益を得ましょう。

もちろん江ノ島で「初日の出」を拝むなら定番の「江の島シーキャンドル」や江の島シーキャンドルの手前の広場「亀ヶ岡広場」でも良いですね。

でも定番スポットは人混みになり、

「定番なスポットでは2022年がコロナ感染で始まりそうでイヤだな」

と思っている人も多いのでは?

そこで江ノ島の穴場スポットで初日の出を拝みたいと思っているあなたへ穴場のおススメスポットを紹介します。

この記事では2022年の「初日の出」を江ノ島の穴場スポットで拝みたい人に向けて、

  • 江ノ島で「初日の出」を拝めるオススメの穴場スポット3選はどこ?
  • 初日の出がどの方角でいつ出るのかも解説

といった内容を中心にお伝えしますね。

【2022】江ノ島で「初日の出」を拝めるオススメの穴場スポット3選はどこ?

ここからは2022年の「初日の出」を江ノ島で拝めるオススメの穴場スポットを紹介しますね。

オススメの穴場スポットは3カ所

  • 1、ヨットハーバー奥白灯台&湘南港駐車場付近
  • 2、弁天橋
  • 3、片瀬海岸東浜

それぞれ説明しますね。

1、ヨットハーバー奥白灯台&湘南港駐車場付近

湘南港駐車場の正式名称は「湘南港臨港道路附属駐車場」。

湘南港駐車場は江ノ島の端っこにある駐車場です。

道なりに進んでいけばたどり着くので迷うことはありません。

朝の5時から開いているので初日の出には間に合います。

さらに普通車が320台も止められる比較的大きな駐車場なんです。

2輪車を停められない駐車場が多いなか2輪車も駐車可能。

ライダーにはウレシイですね。

そしてお手洗いもありますから待ってる時間も安心です。

なお詳細については公式サイトを参照してくださいね。

公式ホームページはコチラから。

さらにその奥に続くのは白灯台です。

ヨットハーバー奥の白灯台は海に面しているので「初日の出」は感動するはず。

しかし海に面しているので風や波の高さによっては危険な場所に早変わり。

そのため「江ノ島」で「初日の出」を見る前に天気予報や天候の情報をキャッチすることをおススメします。

2、弁天橋

弁天橋は「江ノ島」に渡るための歩行者専用の橋です。

橋の上からなので視界を妨げるものは何もありません。

そのため初日の出をじっくり見ることができます。

弁天橋は全長389mもあり歩道の幅も広いです。

とはいえ弁天橋で初日の出を拝むときは歩行者のジャマにならないように注意してくださいね。

3、片瀬海岸東浜

江ノ島へ渡る前に広がる砂浜「片瀬海岸東浜」。

湘南の代名詞「江ノ島」で「初日の出」を拝みに来る人はとても多いです。

ですが、やはり砂浜は穴場スポット。

なぜなら砂浜はクツに砂が入るので砂を気にする人は砂浜に降りないからです。

そのため「片瀬海岸東浜」の砂浜は穴場スポットとなっているんですね。

そんな「片瀬海岸東浜」から見える「初日の出」は圧巻のひと言。

こんなにスバラシイ「初日の出」を拝むために江ノ島に多くの人が集まる理由がわかりますね!

とはいえ海岸は風が強い日は波が強いので危険なことも。

そのため事前に天候をチェックしてから出かけるようにしてくださいね。

番外編、辻堂海岸

「江ノ島では混みすぎる!」

そんな人にオススメな穴場スポットは江ノ島から若干離れた場所にある辻堂海岸。

若干離れるといっても江ノ島が遠くに見えますね。

そんな辻堂海岸から拝める「初日の出」は「江ノ島」とコラボがステキです。

とはいえ辻堂海岸は最寄駅からのアクセスが不便なのがデメリット。

Twitterでも辻堂海岸は駅から遠いとの感想も。

辻堂海岸は最寄駅から遠いので必然的に穴場スポットになったワケですね。

しかし考えてみてください。

人込みで落ち着かない環境で拝む「初日の出」と静かな環境で拝む「初日の出」。

どちらがご利益があるでしょうか?

心から初日の出を拝むなら最寄駅から離れている穴場スポットの「辻堂海岸」がオススメですね。

2022年江ノ島の「初日の出」の「時間」と「方角」は?

江ノ島で「初日の出」を拝むためにオススメの穴場スポットを紹介しました。

だけど江ノ島の「初日の出」のの時間や方角がわからないとキレイな「初日の出」を見ることはできません。

そのため2022年の江ノ島では「初日の出」の「時間」が何時なのか、そして方角をお伝えしますね。

神奈川県江ノ島の「2022年・初日の出」日の入り時間は?

そもそも江ノ島は2022年の「初日の出」の「時間」は何時になるのでしょうか?

江ノ島の2022年「初日の出」時間

  • 日の出 「午前6時50分」

となっています。

自宅で「初日の出」を見るだけなら早起きはしなくても大丈夫です。

だけどこの記事を見ているので「初日の出」を穴場スポットで見たいはず。

当日早朝に穴場スポットへ出かけるための準備をしている時間はあまりないですね。

そのため事前に出かける準備をしていることをおススメします。

初日の出を見るために準備したほうが良い持ち物オススメ3選は?

なぜなら大みそかはオモシロいテレビ番組や夜遅くまで友だちと過ごすとどうしても寝るのが遅くなりますよね。

寝過ごして初日の出を見れなかったことにならないように事前に出かける準備をしておいたほうが無難です。

江ノ島から「初日の出」を見れる方角は?

「初日の出」を見れる方角は朝日が昇るのと同じ「東」です。

とはいえ朝日が昇る東の方角がどっちなのかがわからない場合もありますよね。

その場合はコンパスアプリで方角を調べてくださいね。

コンパスアプリのおすすめサイトはコチラからどうぞ。

コンパスアプリのオススメは?

まとめ

ここまで江ノ島で2022年の「初日の出」を拝めるオススメの穴場スポットを3選紹介してきました。

まとめると

オススメの穴場スポットは、

  • 1、ヨットハーバー奥白灯台&湘南港駐車場付近
  • 2、弁天橋
  • 3、片瀬海岸東浜

そして2022年に江ノ島の初日の出は午前6時50分で東の方角から出ます。

穴場のオススメスポットはどこも寒いのできちんと暖かい服装をして体調管理に気を付けてくださいね。