医師の知識量ってメチャクチャ多いですよね?

なぜ多いのか知っていますか?

頭がいいからという単純な理由ではありません。

それはインプットとアウトプットを繰り返しているからです。

つまり、「勉強でインプット」&「実践でアウトプット」を繰り返しているからですね。

しかし看護師はインプットばかりでアウトプットする環境が少ない職業です。

だから業務内容上でも知識定着率が低いのです。

看護師が知識を記憶として定着させる方法は、インプットしたらアウトプットをすること。

その方法は

  1. Twitterで発信する
  2. 人に教えるようにシミュレーションする
  3. 模擬抗議を開いてみる

この記事を読むと

  • 医師の知識がハンパない理由
  • 看護師は業務内容により記憶定着率が低い理由
  • 超効率の良い勉強法を理解できる

という知識が手に入ります。

看護師が超効率の良い勉強法をして知識をどんどん習得できるようになります。

医師の知識量がハンパない理由

医師の知識量が膨大な理由は、インプットとアウトプットを繰り返しているからです。

つまり、「勉強でインプット」&「実践でアウトプット」を繰り返しているからですね。

ではなぜインプット&アウトプットを繰り返すと知識が定着するのでしょうか?

これは「ラーニングピラミッド」という人間の記憶構造から由来しています。

人間の記憶は講義や読書で覚えただけだと知識の記憶定着率は10%とかなり低いものです。

しかしそれを「練習を繰り返す」や「人に教える」をすると記憶の定着率は80%まで上昇することに。

医師は当直をしたらいろんな疾患を診察する機会があります。

また外来でも専門の疾患以外を持っている患者さんが多く来院しますよね。

要するにインプットとアウトプットを繰り返す作業を毎日繰り返しているんです。

だから医師は知識がどんどん定着するわけですね。

医師の知識がハンパなく多い理由がわかりましたか?

看護師は業務内容により記憶定着率が低い理由

これは一言でいうとインプットだけを繰り返すからです。

なぜなら「他人に教えること」や「練習」を繰り返していないから。

先ほど紹介した「ラーニングピラミッド」から説明しますね。

「ラーニングピラミッド」では講義や読書、視覚だけで覚える記憶は10%ほどしか定着しないとのこと。

10%の記憶定着率はテストの点数だと100点満点中、たったの10点ですよ。

メチャクチャ赤点ですよね。

しかし覚えたことを他人に教える、練習を繰り返すをすると、記憶の定着率は80%まで跳ね上がります。

だから見ただけでは知識を定着できないんですね。

看護師は職業柄インプットはできてもアウトプットができない業務内容なんです。

看護師の業務では、毎日同じことを繰り返しますよね。

おむつ交換や食事介助、患者さんの生活の介助、点滴や薬の投与などなど。

これって一回覚えればあまり新しい知識を使うことがない仕事です。

確かに急性期ではいろんな疾患の患者さんがいらっしゃるので、知識をアウトプットできます。

ただ、知識をアウトプットしても限られたアウトプットしかできないのも確かです。

心不全を勉強しても、薬や治療を決めるのは医師ですからね。

看護師が1から10まで考える必要がありません。

例えばCV(中心静脈栄養)を留置する手技は医師ですし、看護師は患者さんの体位や物品の介助のみ。

これではいくらCVの勉強をしても知識のアウトプットにはならないのです。

看護師の職業柄、知識の記憶としての定着率が悪い理由がわかりましたね。

現代の看護師は膨大な知識が必要

現代は患者さんの高齢化によりいろんな疾患を合併しています。

そのため看護師も以前より膨大な知識が必要となっています。

とはいえ看護師はミニドクターではないので医師のような知識は不要かもしれません。

が、現代は患者さんの高齢化によりいろんな疾患と治療、手技が必要になっています。

また看護師の知識不足によるミスで訴訟にまで発展する事件も新聞で目にする機会は増えていますよね。

そのため医師のような知識が必要なのことは現実的に避けられません

だからこそ看護師は知識を定着させる必要があります。

看護師の効率のよい勉強法を3つご紹介

看護師が効率よく勉強するにはアウトプットが大切です。

読んだだけでは記憶の定着率は10%ほどだからです。

だからアウトプットする必要があります。

しかし職業柄アウトプットする機会がなかなか巡り合えません。

ではどうするか?

方法は3つ

  1. Twitterで発信する。
  2. 頭の中でイメージトレーニングをする
  3. 講義を開く

これらを実践するだけで記憶の定着率は爆上がりです。

10%が80%まで上昇するので、いろんな疾患の患者さんが来ても困ることがなくなりますよ!

1,Twitterで発信する。

Twitterで発信することでインプットしたらすぐにアウトプットすることができます。

Twitterは140文字までしか入力できないので、一つの項目を読んだらそれを頭の中でまとめてすぐに発信できます。

一つの病気を1から10まで読んでからまとめるのって、なかなか大変ですからね。

大量の情報をまとめようとしてもまとめきれません。

そしてイヤになってしまうのがオチです。

だからこそ、一つの項目を勉強したら、さっさとまとめて発信しましょう。

文字を入力しているときに理解や記憶ができていなかったら、再度勉強しなおすこともできます。

Twitterで発信というと、第三者が見るからきちんと書かなければならないと思いますよね?

しかしTwitterで新規のアカウントを作ってしまえば、誰の目にも触れることがなく発信できます。

少し勉強したらTwitterで発信をする。

アウトプットして記憶の定着率をあげましょう。

Twitterで発信する際に、本を効率よく読む方法

医学書や専門書は除きますが、大体の本では「2割8割の法則」で構成されています。

「2割8割の法則」は本の最初の2割が重要な部分ということ。

本の構成の8割の内容はその2割を補うために書かれています。

だから最初の2割を読むだけで済むわけ。

面白ければ残りの8割を読んでも構いません。

しかし私たちが本を読む理由は、新しい知識を得るためです。

本の最初の2割で知識を得ることができたら、残りの8割を読む必要がなくなりますよね?

たしかに本は一冊1500円程するので、全部を読まなければもったいないと考えるのもわかります。

外食でとんかつを頼んで、とんかつの2割しか食べなかったらもったいないですからね。

でも食べ放題ならどうですか?

何十種類あるなかで、次から次へとほんの少しずつ食べますよね。

少し食べておいしかった料理はあとで量を多めに持ってきて食べます。

ようするに食べ放題ではその料理のおいしい部分の2割だけ食べることを繰り返します。

本もそれでいいんです。

「でも本の食べ放題なんかないよ!」という意見もあります。

しかしスマホで本を読むのなら、アマゾンアンリミテッドで本を読み放題にで読めます。

何万冊という膨大な本の中から読み放題でつまみ食い出来てしまうんですね。

私もアマゾンアンリミテッドを使って本を次から次へとつまみ食いすることを繰り返しています。

図書館もいいのですが、誰が触ったかわからない本を読みたくないですよね。

コロナの問題もありますし、今の時代は衛生観念的に図書館はよろしくない。

スマホの読書なら家でも職場でも、通勤時にも手軽に読むことができます。

そのためスマホを使い、アマゾンアンリミテッドで本を読み放題してみるのも一つの手ですよ。

2,頭の中でイメージトレーニングをする

いわゆるイメージトレーニングという勉強法です。

医師は手術の練習でよく使っていますよね。

看護師でも救急や手術の器械出しでやっています。

イメージトレーニングは科学的にも実証されている方法です。

武井壮さんもイメージトレーニングを使って練習していたそうですよ。

私も手術室勤務の時はイメージトレーニングをしていました。

やっぱりイメージトレーニングをすると手術器具の器械出しがうまくいきますね。

イメージトレーニングをするとまだ理解していない部分が浮き上がってきます

だからこそ頭の中でイメージトレーニングをするのは記憶の定着には非常に効率の良い勉強法なんです。

3,講義を開いてみる

講義をするには自分できちんと理解しておかなければなりません。

講義で人に教えることにより記憶の定着がメチャクチャ上昇します。

「だけど講義を開くって難易度高くね?」と思われるはず。

確かに場所と時間も設定する必要もありますし、他人の時間も奪うことになります。

お局看護師からガヤを入れられる恐れもありますからね。

だったらひとりだけの空間で人に教えるような感じで模擬講義を開いてみましょう。

模擬講義はイメージトレーニングのような感じです。

しかし実際に声に出して見ると自分でもアウトプットできますし、覚えていなかった部分も浮き彫りになります。

実施に講義を開くのとでは、難易度がグッと下がって誰でも模擬講義を開くことができます。

私も解剖生理を覚える際に実際に模擬講義をしていました。

そのおかげか、後輩に解剖生理を教える際にはスラスラと知識が出てきましたよ。

だから講義を開くのは記憶の定着を効率的に上昇させるには打ってつけです!

講義を開くの難易度が高い人は、一人だけの模擬講義を開いてみましょう。

どんどん記憶が定着しますよ!

まとめ

これまで医師と看護師の記憶定着率の違いから見た超効率の良い勉強法を3つご紹介してきました。

まとめると、

  • 医師はインプットとアウトプットを繰り返すから記憶定着率がよく知識が膨大になる
  • 看護師はインプットをしてもアウトプットする機会が少ないから記憶定着率が低い

効率のいい勉強法は

  1. Twitterで発信
  2. イメージトレーニングをする
  3. 講義を開く

記憶の定着にはアウトプットが必要です。

読む、見るだけのインプットでは記憶の定着率は10%ほどです。

しかしアウトプットすると記憶の定着率が80%まで上昇します。

インプットだけではなくアウトプットをして効率よく記憶を定着させましょう!