2021年に開催された東京オリンピック2020で卓球男子団体で銅メダルを獲得した水谷隼選手。

大活躍をした水谷隼選手ですが、なんと引退を示唆していることがわかりました!

引退理由は視力の低下によるもの。

現代医学では視力が低下した水谷隼選手の視力を回復させることは不可能とのこと。

そんな水谷隼選手の視力が悪い原因がレーシックではないかという疑問が浮上しているんですね。

そこでこの記事では水谷隼選手の視力が悪い原因について、

  • 視力が悪い原因はレーシックだったの?
  • メガネやサングラスをかけていても現役継続ムリなの?

といったことを中心にお伝えしますね。

水谷隼選手の視力が悪い原因はレーシックなの?

もともと水谷隼選手の視力は右1.5で左1.5でとても良かったそう。

しかし2013年ごろから左目の視力が急に悪くなってしまいました。

悪くなった視力の数値はなんと左目が0.3!

さらに近視と乱視のような状態!

視力0.3の世界はこんな見え方。

かなりぼやけています。

ちなみに眼科や健康診断でおなじみの視力検査では0.3 だと一番上から3番目。

スポーツマンにとって視力が悪いのはとても不利なのは間違いありません。

しかも視力が0.3では世界がぼやけて見えるので卓球のボールすら満足に見えないのでは?

では視力が悪くなった原因は何なのでしょう?

どうも電光掲示板が達凶に導入され始めた時期から視力が悪化してきたとのこと。

インタビューでも、「ちょうどその頃から電光掲示板が卓球の試合に導入され始めて、なんか気になるなぁって思い始めました」と語っています。

サッカーの試合でも企業広告を掲示するためのおなじみの電光掲示板。

その電光掲示板が卓球の試合に導入され始めたころから水谷隼選手は視力に違和感を感じていたわけです。

ですが、卓球の電光掲示板との因果関係はハッキリしません。

そして視力が悪くなった左目だけレーシック手術を受けたのです。

さらに2018年には右目にも乱視と近視の症状が出てきました。

そのため右目にもレーシック手術を受けたのです。

レーシックの後遺症で視力が悪くなった?

レーシックを受けて視力は回復しました。

しかし視力は回復したものの卓球のボールは見えにくいままだったのです。

診察したアメリカの医者によると「レーシックの経過はまったく問題なく、日常生活も問題なし」とのことでした。

つまり「ボールが見えにくいこととレーシックの手術には因果関係はない」ということ。

そのため水谷隼選手は照明や電光掲示板の光を軽減してボールを見えやすくする必要があるために試合中にメガネやサングラスをかけているんですね。

だから水谷隼選手の視力が悪いのとレーシックは因果関係はなかったのです。

水谷隼選手はメガネやサングラスを装着すれば現役継続できるの?

水谷隼選手は東京オリンピックでメガネやサングラスをかけて試合に挑んでいます。

なぜメガネやサングラスをしているのでしょうか?

その理由は照明の光を軽減させるために特殊なメガネやサングラスをかけているんです。

製造している山本光学はこのサングラスについて、

光の波長を調整する技術を活用し、「見たい対象物はくっきりと映し、まぶしい光は抑える」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ddd6063ad62076088ea44f339641dac9c12d9d7c

技術が使われているサングラスとのこと。

つまり照明の光を軽減することで卓球のボールを見えやすくしていたわけなんですね。

でも卓球の試合はメチャクチャ激しい動きで有名ですよね。

そんな激しい動きをしたらメガネやサングラスをするとズレないのか心配になりませんか?

しかしズレないように低重心にしているとのこと。

つまり普通のメガネやサングラスを逆さまにした不思議なデザインで重心の位置をズラシて激しい運動でもズレにくい構造にしていたワケなんですね!

スポーツ選手にとってとてもありがたい機能が満載のサングラス。

しかし本人の視力低下について現時点では治療法がないのが現役継続できない最大の理由。

とはいえ医療や化学の進歩は日進月歩。

つねに最新の技術で人々を支えてきています。

今まで治療法がなかった病気や症状を治すことができる技術も開発されることも考えられます。

そのため技術の進歩によっては現役復帰や現役継続をする可能性もあるかもしれませんね!

まとめ

ここまで水谷隼選手の視力が悪い原因はレーシックなのかとメガネやサングラスでも現役継続ムリなのといった内容を中心にお伝えしてきました。

まとめると、

  • 視力が悪い原因はレーシックとの因果関係は否定的
  • 電光掲示板や照明の問題でボールが見にくい
  • 光の波長を調節するためにサングラスをかけている
  • サングラスは特殊な形状で激しい動きでもズレにくい
  • 水谷隼選手の視力低下は現在治療法がないから現役継続はムズカシイ

金メダルと銅メダル獲得といったうれしいニュースとともに飛び込んできた残念なお知らせ。

水谷隼選手の引退理由は視力低下によるもの。

しかし医療技術や化学はつねに進化しています。

今治療法がない病気や症状も完治する技術が生まれる可能性も。

いつの日か現役復帰を果たして私たちに再び夢と感動を与えてほしいですね!

水谷隼選手の現役復帰が楽しみですね!